« 「陽気なギャングが地球を回す」 | トップページ | 「初恋」 »

「インサイド・マン」

324190view004_1 予告編がとてもよくできていた、という映画のひとつ。

人質とともに銀行にたてこもった銀行強盗VS交渉人、という心理戦に加え、ジョディ・フォスター演じる謎の弁護士が関わってきて…と、中盤まではハラハラドキドキ度が割と高め。犯人のトリックなどはユニークで面白かったど、なにぶんにも動機がいまいち伝わってこなかったのが残念。ふたを開けてみたら「あ、そう。で?」みたいな。

人質のコドモと主犯のトークがなかなかよかったかな。「そういえば監督ってスパイク・リーだったんだよね」と思い出させるシーンでした。

「インサイド・マン」
http://www.insideman.jp/index.php
【試写会】有楽町よみうりホール
スパイク・リー監督
デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、アーサー・ケイス、ウィレム・デフォー

|

« 「陽気なギャングが地球を回す」 | トップページ | 「初恋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165896/10656044

この記事へのトラックバック一覧です: 「インサイド・マン」:

« 「陽気なギャングが地球を回す」 | トップページ | 「初恋」 »