« 中華街「龍仙」&「清風楼」 | トップページ | 「アイランド」 »

「007/カジノ・ロワイヤル」

007といえばショーン・コネリーでしょ!と思っていたので、今回の金髪007はイマイチ興味がなかったけど、わざわざ来日してきたダニエル・クレイグの姿をテレビで観て「意外といいかも?」と。特に追い風となったのが「特ダネ!」(フジテレビ)です。小倉さん、恭子ちゃん、おすぎの3人ともが絶賛するなんて珍しかったので(笠井さんはどうした?)。もしかしてゲストでクレイグがきてたためのコメントだったのかな?かどうかは不明ですが。

01120_3 

冒頭に「007といえば・・・」と分かったようなことを書いてしまいましたが、かなり昔に観たので実は内容は記憶からとんでおりまして・・・浮かぶのは美女とからむショーン・コネリーの胸毛&腕毛くらい?という程度で、007フリークではありません。

さて、オープニングあたりはとても不安でした。音も映像もなんか野暮ったい。どうせだったら定番のあの曲にしておけばいいのに!と最初はちょっと引き気味でしたが、惜しみなく繰り広げられるアクションシーンはかなりのもので、次第によしよし、いいぞいいぞ、となってきました。
この映画のみどころ&ミステリーは、なんといっても、最初は「このボンド、イマイチ」と思っていたのに、映画が終わるころにはウットリしてしまうところ。それくらい、役柄としてのジェームスボンドはカッコいいのだ。

それにしてもCMの"ラストに驚く"というキャッチフレーズは何のことを指すのか未だに不明です。誰か教えてください。一方、映画館の帰り際に観たポスターのキャッチ「初めての任務は自分の愛を殺すこと」には納得。ネタバレですね、スミマセン。

おまけ:
アクションシーンでは「(高いところで)怖い!」「イタイ!」「息苦しい!」という3つが印象的でした。

「007/カジノ・ロワイヤル」
http://www.sonypictures.jp/movies/casinoroyale/
【映画館】109シネマズMM横浜
マーティン・キャンベル監督
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン

|

« 中華街「龍仙」&「清風楼」 | トップページ | 「アイランド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165896/13234815

この記事へのトラックバック一覧です: 「007/カジノ・ロワイヤル」:

« 中華街「龍仙」&「清風楼」 | トップページ | 「アイランド」 »