ブロッコリースプラウト日記-5(最終回)

写真は10日目。サラダに混ぜて食べました。

Bs5_1

食べ物として、ブロッコリースプラウトはそれほど存在感のあるものではないけど、自分で育てたというプレミアがついているので美味しかったです。タネはまだまだあるからまた育てようっと。

Bs5_2

ところで、先日「このままブロッコリーになるまで見届けたくなりますね」とのコメントをいただき「畑でのブロッコリーの姿ってどんなだろう」という疑問が。で、検索してみたところ興味深いページを発見。

四季の野菜
http://www.vegefund.com/panfu-siki/broccoli/

ブロッコリーのあのモコモコはつぼみの集まりなんだそう(つぼみが伸びた状態をはじめてみた!)。畑での写真をみるとかなり立派な葉っぱだけど、流通されていないところをみるとあの葉っぱは食べれないのでしょうね。ちょっともったいない気も。

さて、栄養たっぷりのブロッコリー。そのジュニアであるブロッコリースプラウトにはスルフォラファンという新陳代謝アップの秘密兵器が豊富に含まれているそう。スルフォラファンはデトックス効果もあるみたいだし、食べるべし食べるべし。

発掘!あるある大事典2 新陳代謝をアップして10才若返る
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search2/aru41/41_3.html

それにしても、最寄駅にあるスーパー、あるある大事典でとりあげられた商品が翌日に品切れになっていることが多いのです。ココアとかスプラウトとかもやしとか。みんな影響受けすぎ!私もそのひとりですが…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ブロッコリースプラウト日記-4

5日目はこんな感じで・・・↓

Bs4_1

これは6日目↓

Bs4_2

7,8とばして9日目の様子↓。

Bs4_3

だいぶ育ってきました。収穫の日は目前?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブロッコリースプラウト日記-3

4日目の様子はこんな感じ。

Bs3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリースプラウト日記-2

写真は3日目。昨日よりは白い中身がでてきてる割合が多くなったけど「おーっ」というほどでもないかな…。頑張れ、みんな。

Bs2_1

ところで、私がブログに挑戦したのは実はこれが2度目。1度目は…というと、なんとたったの4回の更新で終わってしまったのです。。。4日坊主だった訳ではなく、5回目まで続かなかった正当な理由が。

そのブログのタイトルは「ありんこ観察日記」。おもちゃのトミー社がだしている「ANTS LABOLRATORY アリンコ研究所」という"あり飼育器"を友人の旦那様からもらったところからはじまります。「これはおもしろそうだ」と、早速近所の公園にありをつかまえに行き、ブログの手続きをし…と、自分の中ではとても盛り上がってました。ところが、捕まえたありたちは盛り下がってしまったようで、なんと数日で死んでしまったんです…。そして「ありんこ観察日記」も観察対象がいなくなった時点で、あえなく終了となった次第です。

こんなブログ初体験をした私にとって、今回の「ブロッコリースプラウト日記」企画はドキドキもの。もし何らかのトラブルでブロッコリースプラウトの収穫までに至らなかった場合はどうしよう…という大きな不安を抱きつつ、公開させていただいております。

私が捕まえさえしなければ今頃はあの公園でイキイキと働いていただろうありたちを想うと、今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もし、よろしければ「ありんこ観察日記」もご参照くださいませ。

ありんこ観察日記:http://blog.livedoor.jp/arinko8636/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブロッコリースプラウト日記-1

001 002ブロッコリースプラウトの種をまきました。写真は2日目。すでに外の茶色い皮がやぶれて白い中身がみえているヤツらがちらほら。どこの世界にもフライングってあるみたいですね。そもそもは、スーパーで売っているブロッコリースプラウトが1パック100円だったことからはじまりました。カイワレなら100円で2パックは買えるのに…というケチケチ精神から自分で育てようということになったのです。

早速買ってきた種は1袋300円ほど(株式会社トーホク製らしい)。思ったより高かったけど結構な量だったのでこれだったら少なくともスーパーで売られているもの5パック分はできるはず。

袋には、「2006年に詰められた新鮮なタネであること」「発芽率が80%以上と高いこと」「できるまでの期間が7~10日と早いこと」「容器はお皿やトレーなどなんでもOKであること」がさりげなくアピールされておりました。なかなかいいぞ。

容器はガラスの一夜漬け用のうつわ(「浅漬鉢」という製品)を使用。キッチンペーパーを5枚くらい重ねたものを底の大きさよりちょっと大きめに切り、そこにタネたちをざざざっとまんべんなく入れました。隣とぶつからないくらいの量を心がけたつもりですが、ちょっと入れすぎたかも?で、上から霧吹きで水をシュッシュと吹きかけました。水の量は、袋の説明にあるとおりタネたちが「かるく浸る程度」。さぁ、君達、はやく元気に育ってくれよ。

ちなみに、「ロケットサラダ」の種も購入(1袋300円)。室内なら1年中大丈夫らしいけど、できるまでの期間が1~2ヶ月で、土とかも用意しなきゃいけないのでちょっと敷居が高く、出番はもう少し先になりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)